安田顕 結婚,家族は?チームナックスと牛乳早飲みについて

TBS系ドラマ「下町ロケット」やフジテレビ系ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」 、映画「俳優 亀岡拓次」(主演)など、ドラマや映画、CMなどで大活躍中の安田顕さん。

安田顕さんといえば、キリッとして顔立ちで、大人の渋さもあるイケメン俳優に見えますが、ちょっと天然ぽい面白いところがあり、そのギャップが人気なのかもしれませんね。

安田顕 プロフィール
本名  :安田 顕(やすだ けん)
生年月日:1973年12月8日
出身地 :北海道室蘭市
血液型 :A型
学歴  :北海学園大学経営学部
身長  :174㎝
所属  :CREATIVE OFFICE CUE

趣味   :ビートルズイントロクイズ早押し、迷惑メール読み
特技   :牛乳早飲み、柔道初段、おなら(いつでも出せる)
好きなもの:崎陽軒 横濱チャーハン弁当

安田顕 演劇ユニットTEAM NACS(チームナックス)と結婚について

安田顕さんは、北海道室蘭市出身で、室蘭栄高校卒業後に北海学園大学に入学。その北海学園大学時代の演劇部で、運命の人たちと出会います。それは、大泉洋さん、森崎博之さん、佐藤重幸さん、音尾琢真さんです。そして、その後の北海道No1演劇ユニットとなる、TEAM-NACS(チームナックス)を5人で結成します。ちなみに「NACS」とは「”North Actors Club Special”」の頭文字をとっているとのこと。

そのTEAM-NACS内ではメンバーそれぞれ「NACS○○」という別名がつけられていて、「リーダー」、「ハンサム」、「べしゃり(しゃべりの意)」、「離れ目」と、個人の特性を表していると思われる名づけがされています。そして何と、安田顕さんは「NACSちんちん」という、いかにも変態じみた名前がついていたようです。

ただしTEAM-NACSは、森崎さん、安田さんの卒業制作が目的だったため1度の公演で解散します。その後、リーダー森崎さんが9ヵ月後に東京の会社を辞めて再結成します。

再結成されたTEAM-NACSは、北海道から飛び出して全国公演も果たし、累計で数100公演、数十万人を動員するまでに成長します。

2012年の最新公演『WARRIOR~唄い続ける侍ロマン~』だけで、59公演、7万人を動員。
WOWOW中継や、過去にはDVDになった公演も沢山あります。

安田さんの演技力は、この並外れた舞台経験によって培われたんですね。

安田顕  結婚は?そして奥さんや子供は?

安田顕さん、2002年に一般人の女性と結婚、2004年には長女が生まれています。現在は東京の仕事が多いため、単身赴任状態のようです。

奥さんは、「大学時代に人生で初めてできた彼女」で、交際8年の末の結婚したのだそうです。素敵すぎるお話ですね。

安田顕 牛乳早飲みで伝説名言!

安田顕さんといえば、代表的な、ある意味伝説的エピソードが、“牛乳リバース”。

北海道テレビ放送制作のバラエティ深夜番組「水曜どうでしょう」での、鈴井貴之さん、大泉洋さんとの牛乳速飲み対決。

”牛乳早飲みは得意だ”と意気込む安田さんは、はじめは牛乳1本を2秒という、すごいスピードで飲みきっていました。

ところが、残り3本というところで牛乳が口からこぼれだし、ラスト1本になるとついには鼻から牛乳が噴出。最終的には、飲みきれなかった牛乳が口から、ほとんどこぼれ出てししまいました。

また、TEAM NACSの番組「ハナタレナックス」でも牛乳早飲み対決をし、最初は順調に飲んでいたのですが早速リバース。

メンバーの大泉さんからは、「毎回こうなんだってこいつは」などと言われながらもルールでは吐いてもOKということだったので、そのまま飲み続けていました。顔中牛乳まみれになりながらも「俺、頑張るから」と言い飲み続ける安田さん。でも、やはりというべきでしょうか、最後にはすごい音を出しながら大リバース!

その姿を見ていたメンバーの戸次さんと大泉さんから「安田を経て、大地に還る」という名言が生まれました。

「水曜どうでしょう」- 牛乳リバース

これからも、今以上に注目を集めそうな安田顕さん。今後の活躍が気になりますね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする