高谷惣亮“クワガタタックル”武器にジョジョ立ち!将来はプロレス?

リオデジャネイロオリンピック・男子レスリング・フリースタイル74kg級日本代表の高谷惣亮選手。

高谷惣亮選手、前回の2012年ロンドンオリンピック出場しましたが、アゼルバイジャンの強豪と当たり、初戦敗退となりました。

しかし、2014年の世界選手権で銀メダルを獲得、そして2016年3月にはリオデジャネイロオリンピックのアジア予選に膝のじん帯損傷の怪我を抱えながらも出場し、決勝に進んだことでオリンピック出場権を獲得しました。

高谷惣亮 プロフィール
本名  :高谷 惣亮(たかたに そうすけ)
生年月日:1989年4月5日
出身地 :京都府
学歴  :拓殖大学
身長  :178cm
所属  :ALSOK

高谷惣亮 「タックル王子」の異名!武器は“クワガタタックル”

高谷惣亮選手といえば、最大の武器が鋭いタックルで「タックル王子」と呼ばれてきました。

その高谷惣亮選手のタックル、多彩なバリエーションを持っているそうで、特に話題になるのが“クワガタタックル”といわれる「クワガタ型」と呼ぶバージョンのタックル。

一般的な両足タックルのセオリーは相手の懐に飛び込み、胸を相手の下半身に押し当て、しっかりと力を伝えて刈り倒します。しかし、この時タックルに入ろうとして上からつぶされ、頭は下がり、辛うじて両手でしがみついているだけの状態になり、失敗することもあります。

ところが高谷惣亮選手の場合、この状態から臀部(でんぶ)のふくらみに両手をかけて相手の下半身をロック。そこを支えにして、両足でぐっと踏み込んでいきます。そして、つぶれた状態からぐいぐいせり上がり、にじり寄ります。まさに敵に襲いかかるクワガタのように!

高谷惣亮選手、前回のロンドンオリンピックの敗戦から「あの頃よりも何十倍も強くなっている」と語っています。

高谷惣亮選手、この“クワガタタックル”を武器に、リオデジャネイロオリンピックでは、前回のロンドンオリンピックの雪辱を果たしてほしいですね。

男子レスリング 日本代表 高谷惣亮 クワガタタックルでメダル狙う

高谷惣亮 “ジョジョ立ち”とダンスを披露!プロレス入りは?

高谷惣亮選手、ネットで話題になったのが、2014年の世界選手権の表彰台でのいわゆる“ジョジョ立ち”

“ジョジョ立ち”とは、漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の作中に登場する数々のポーズのことですが、高谷惣亮選手は、この「ジョジョの奇妙な冒険」の大ファンだそうで、その中でも好きなキャラクターは第3部の主人公「空条承太郎」だそうです。


ジョジョの奇妙な冒険 (13)

高谷惣亮 ジョジョ立ちパフォーマンスの画像

(出典:http://www.gettyimages.co.jp/)

さらに高谷惣亮選手、その後のレスリングの大会では、三代目J Soul Brothersのダンスを披露するなど、試合後のパフォーマンスでも観客の目を釘付けにしました。

高谷惣亮 三代目J Soul Brothersのダンスを披露

(出典:http://www.gettyimages.co.jp/)

もし、リオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得することができたら、どのようなパフォーマンスをしてくれるのか、楽しみになりますね。

高谷惣亮 将来はプロレス入り?

高谷惣亮選手といえば、イケメンレスラーとしても知られていますが、新日本プロレスの元祖イケメンレスラー棚橋弘至選手と、2015年に日本レスリング協会の公式サイトの新春企画「新春特別対談・棚橋弘至-高谷惣亮」として対談しました。

棚橋弘至選手、高谷惣亮選手に「オリンピックはレスリングの新しいファンを獲得できる大チャンス。メダルを取って格闘技界全体を底上げして欲しい」と真面目に激励。「将来はプロレスに転向する道もある。金メダリストからの新日?大歓迎ですよ」と期待しました。

高谷惣亮、新日本プロレス・棚橋弘至との対談

(出典:http://www.japan-wrestling.jp/)

高谷惣亮選手、リオデジャネイロオリンピックの活躍に期待します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする