長野里美 「真田丸」で信幸の妻こうを演じる注目女優!画像や動画は

NHKの大河ドラマ「真田丸」で、主人公、真田信繁(堺雅人)の兄、信幸(大泉洋)の妻こうを演じている長野里美さん。

その「真田丸」で、おこう役の長野里美さんが、初めて登場した時から、今にもどうにかなってしまいそうなくらい”病弱”で、”怖い”と話題になりました。

長野里美 プロフィール

生年月日:1961年8月15日(54歳)
出身地 :神奈川県
血液型 :A型
学歴  :早稲田大学第一文学部
身長  :158cm
所属  :融合事務所

■ 長野里美 公式サイト
http://yougooffice.com/artist/nagano_satomi/

■ 長野里美 オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/satomi-nagano/

■ 長野里美 Twitter
https://twitter.com/SatomiNagano

長野里美 「真田丸」で注目女優と画像や動画は?

長野里美 妻こうの役を見事に演じる

長野里美さん、「真田丸」で病弱な妻こう役を演じるにあたり、脚本の三谷幸喜さんから「志村けんさんの『もしも元気のない芸者がいたら』というコントを参考にしてみてください」と言われたのだとか。

舞台などでは元気な役が多い長野里美さんにとって、”病弱な妻“、そして”コント“ということで、長野さんいろいろ悩んだようです。

しかし、三谷幸喜さんから再び“コント”は“精神的に!”というアドバイスを受け、見事に病弱なんだけど、ちょっと病に酔っているところがあり、悲劇のヒロインタイプ、そして笑えるぐらいに負のオーラをまき散らしていながらも、憎めなくてチャーミングな、かわいい女性を演じています。

(出典:http://headlines.yahoo.co.jp/)

(出典:http://headlines.yahoo.co.jp/)

長野里美 堺雅人さんは演劇部の後輩!

長野里美さん、早稲田大学在学中に、早稲田大学演劇研究会に加入します。その後、鴻上尚史さん率いる「第三舞台」に参加します。

1981年に上演された舞台「宇宙で眠るための方法について」での家出少女役として出演して以降、悲しみを秘めた明るい女性役を持ち味にして、長野里美さんは劇団の看板的な存在となります。また舞台公演での着ぐるみ姿も名物となりました。

ちなみに長野里美さん、「真田丸」で、主人公の真田信繁役を演じる堺雅人さんとは、早稲田大学の演劇研究会の後輩で、映像で共演するのは初めてなのだとか。

(出典:NHK「真田丸」)

(出典:NHK大河ドラマ「真田丸」)

長野里美 ドラマや舞台などの画像や動画

画像の出典は長野里美さんの公式ホームページ
http://yougooffice.com/artist/nagano_satomi/)より

◆ 2016年5月19日-「紀州九度山真田まつり」草刈正雄さんのトークショー

◆ 2015年8月17日-浴衣でお稽古

◆ 2015年8月12日-WOWOW 連続ドラマW「死の臓器」クランクアップ!

◆ 2013年10月4日-舞台「ロスト・イン・ヨンカーズ」記者会見

◆ 2013年4月4日-TBSドラマ「夜行観覧車」クランクアップ☆

◆ 2013年4月4日-TBSドラマ「あぽやん〜走る国際空港」第6話

◆ 2012年12月14日-フジテレビドラマ「遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜」

◆ 2011年9月6日-第三舞台「深呼吸する惑星」製作発表会見

長野里美さんメッセージ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする